読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カニ歩き映画ブログ

谷越カニが見た映画について書いてます

D・W・グリフィス 『カーテンポール The Curtain Pole』1909年

D・W・グリフィス 初期映画

『迷惑帽子』に引き続いてのコメディ映画。正直言ってチャップリンの失敗作程度の魅力しかない。

あらすじはこうだ。屋敷のカーテンポールが真っ二つに割れる。男が街へカーテンポールを買いに行き、馬車に乗って帰る。立てて持てばなんでもないところを横に持っちゃうもんだからポールが柱に当たる屋台に引っかかる……大騒ぎになり、馬車は市民に追いかけられる。男が屋敷に戻る直前に別人がカーテンポールを買ってきていたので男は憤慨してポールにかじりつく。おしまい。

わかりやすく言えば、出来の悪いチャップリン映画にキートンの要素を加えたような感じ。面白くないわけではないし、グリフィス映画で初めてカメラが横に動く。ぎこちないパンだけど……。グリフィスにコメディ映画を撮る才能はなかったようだ。


"The Curtain Pole" (1909) director D.W. Griffith