読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カニ歩き映画ブログ

谷越カニが見た映画について書いてます

拳闘試合の日(Day Of The Fight - 1951)キューブリックのデビュー作は10分ちょっとのドキュメンタリー

スタンリー・キューブリック

偉大な映画監督であるキューブリックの監督デビュー作はドキュメンタリー映画だった。

当時のキューブリックは23歳。写真誌「ルック」のカメラマンをしており、題材となったボクサーとは雑誌の取材で出会った。スタッフの多くを知り合いで固め、予算の不足分を父親から借りるなど、近場の人材で作った映画といった感じだ。

 

内容はあるボクサーの試合が行われる一日を朝から密着する、というもの。当時のスポーツものドキュメンタリーは試合をロングショットで撮影するものがメインで、監督の色はほとんど出ないものだった。しかし、本作は試合がメインではないという点がポイントだろう。

 

瓜二つの兄は彼のマネージャー。同じベッドで寝てるらしい。まあ、おそらく演出だろう。朝起きてまずミサに行き、朝食を食べ、愛犬と戯れる…

この時の戯れ方がなんとも言えない味わい深さで、ボクサーが犬の耳をめくって裏の臭いを臭いを嗅いでいるのである。臭いのか?癖になる臭がするのか?真相はわからないが、親近感っぽい何かが心の底にフッと湧いてくる。ボクサーも庶民なのだ。犬の耳を嗅いでニコニコしてる人は少ないと思うけど。書いていて、金持ちは犬の耳の裏を嗅いだりしないのか?という疑問が湧いてきた。みんな嗅いでいてほしい。

試合に向けて集中力を高めていくボクサー。音楽も雰囲気を盛り上げる。バンテージを巻いた右手のクローズアップや兄弟で目をつぶって瞑想するシーンは印象的だ。

準備が整って入場。観客の顔のクローズアップとモンタージュは『突撃』のラストシーンを彷彿とさせる。

ゴングが鳴って試合が始まるとあっという間のKO劇。ついさっきまで愛犬の耳の裏の臭いを嗅いで喜んでいた男がヒーローになる瞬間だ。ボクサーが祝福を受けて映画はあっさりと終わる。

 

印象的なクローズアップはこの頃から得意としていたようだ。特に試合前と試合中の観客の顔のクローズアップは『激突』のそれである。また、結果よりも過程をじっくり、じっくりと描写するという作家性も最初から持ち合わせていたらしい。『現金に体を張れ』や『フルメタルジャケット』の前半パートの描き方の原点はこの映画にあると言ってもいいだろう。

ドキュメンタリー映画としても地味なので、キューブリックファン以外は見てもしょうがないと思う。しかし、犬の耳の裏の臭いを嗅いで喜ぶ人を見て喜ぶタイプの人は必見だ。